So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク

ダイエットの敵「早食い」を防ぐ簡単な方法 [気楽なダイエット]

太っている人は、早食いの人が多いとよく言われます。
太らないためにも、ダイエット中は「早食い」に注意しなければいけません。

早食いの人は、まだ食べ物が口の中に残っているのに
もう次の食べ物に箸をつけています。

このような食べ方では、味も良くわからないし、
食事をしたという満足感も乏しくなってしまいます。

食事をゆっくり時間をかけて食べるために
こんな工夫をしてみてください。

まず、食事をするときは、食べ物を口に入れたら、
意識的に30回以上噛むようにしてください。

そして、噛んでいる間は、箸をテーブルの上に
一回一回置くようにします。

これを習慣づけることで、食べ過ぎ防止ができますし、
よく噛むことができるので、食事の満足感が大きくアップします。

それでも早食いの癖が直らない人のために、
ゲーム感覚で取り組むことができる方法を紹介します。

それは、箸を持つ手を利き手以外の手で持って食べることです。
利き手でないほうの手で箸を使うので、思いどおりには動かせません。

口に運ぶスピードも落ちるので、おのずと噛む回数も増えてきます。
満腹中枢が十分に刺激され、少量の食べ物で満足することができます。

最初は、食べ始めの5分間だけ利き手以外で食べてみるとか、
箸を持つのができない人は、フォークを使ってみるようにします。

自分なりに工夫して、ゲーム感覚で取り組むことで、
長く続けることができ、ダイエットの敵「早食い」を防ぐことができます。

 

「5分寝るだけでウエストが細くなる」そんなダイエット知りたくないですか。


nice!(119)  コメント(9) 

深い呼吸するだけでダイエット効果が・・・ [気楽なダイエット]

お腹が空いてどうしようもないときにオススメしたいのが、
深い呼吸法で食欲をセーブするダイエット方法です。

この方法では、ゆっくりとした深い呼吸をすることで、
自律神経のバランスを整え、精神を安定させる効果があります。

ストレスからくる食べ過ぎなどは、食事の直前に深い呼吸するだけで、
防ぐことができます。

忙しいときや面倒くさがりな人には、
ピッタリのダイエット方法といえます。

では、その方法について説明します。

深い呼吸によるダイエット方法は、空気を胸やお腹にいっぱい詰め込むつもりで
鼻から息を吸い、口から徐々に吐いていくのが基本です。

更に、これを行うと同時にひざを曲げたり、腕を回すなどの動作を加えることで
意識した部分を引き締める効果を得ることもできます。

また、深い呼吸をするときは、息を吸うときよりも、
吐くときに時間をかけるのがポイントで、1回に、5~6回は行ってください。

深い呼吸で食欲をセーブできるといっても、
それだけで脂肪が燃焼されるわけではありません。

食事で摂取カロリーを制限しながら、
深い呼吸法を組み合わせることが大切です。

深い呼吸をするだけで、空腹に勝つことができるので、
手軽なダイエットをしたいと思っている人にはオススメの方法です。


深い呼吸とこの運動を組み合わせると脂肪が燃焼します。



  モデルや女優が秘かにやっているダイエット法

  ★脚を細くすることだったら簡単!■エステに行く必要のなくなる脚やせ法


nice!(122)  コメント(6) 

脂肪が燃える高温反復浴でダイエット [気楽なダイエット]

入浴のメリットは、湯船の中でのんびりとお湯に浸かっているだけで、
かなりのカロリーを消費できることです。

たとえば、42度のお風呂に10分間浸かっていた場合、
約100kcalが消費できます。

この入浴のしかたを工夫すると、
消費カロリーをさらにアップすることができます。

高温反復浴という入浴法を知っていますか?

この入浴法は、たくさんの脂肪を燃焼させることができる入浴法なので、
ダイエットしたいという人にはオススメの方法です。

高温反復浴とは、42~43度のやや熱めのお湯に短時間、
数回に分けてはいる方法です。

この方法で入浴すると200~300kcalを消費できるので、
運動をする時間がない人でもヤル気になれば簡単にできます。

入浴方法は、体をお湯に慣らすためにぬるめのシャワーを浴びてから、
42~43度のお湯に3~4分浸かります。

次に湯船から上がってシャンプーし、再び湯船で3~4分浸かります。
その後、湯船から上がって、体を洗い、もう一度湯船で3~4分浸かります。

お風呂から上がったら、水分を補給して、体をゆっくり休ませてください。
少しでも消費カロリーを上げることで、ダイエット効果を高めることができます。


お風呂に入る前にこの運動をすると更に脂肪が燃焼します。



  モデルや女優が秘かにやっているダイエット法

  ★脚を細くすることだったら簡単!■エステに行く必要のなくなる脚やせ法


nice!(120)  コメント(6) 

ダイエットのスタートはラジオ体操から [気楽なダイエット]

子供が幼稚園から小学校に上がると、
多少の余裕ができるのでダイエットを始める人も多いと思います。

しかし、早く結果を出したくて、いきなり激しい運動を行うと、
結局続けることができなくて挫折してしまいます。

また、エアロビクスやダイエットダンスを始める人がいますが、
運動に慣れていない体では、関節を傷めたり筋を違えるなどの
トラブルの原因をつくってしまいます。

ダイエットを始めるときは、無理なく日常生活に取り入れられることから始めて、
それを継続させることが成功させるポイントになります。

そこで、最初は子供と一緒にラジオ体操からはじめてみましょう。

ラジオ体操なら、子供のころから馴染みがあるので、
今から体操を覚える必要もありません。

また、安全に行える運動ですから、怪我の心配もありません。

運動不足の解消にもなりますし、毎日体を動かす習慣にもなるので、
ラジオ体操は、ダイエットを始めるための最適な運動になります。

体を動かすことを続けることで健康も手に入れられます。

 

このエアロバイクならダイエットがスタートできます


nice!(107)  コメント(6) 

ダイエット中は食欲を刺激する料理番組は見ない [気楽なダイエット]

ダイエット中の人で、摂取カロリーをセーブしている間は、
ちょっとした刺激が飲食の暴走につながりやすい。

テレビを見るときも、料理番組やグルメ番組などの食欲をそそる番組は
極力見ないようにすることが大切です。

もちろん、料理雑誌も同じことです。

人間の食欲をコントロールしているのは、
脳の視床下部(ししょうかぶ)にある「摂食中枢(せっしょくちゅうすう)」と
「満腹中枢」です。

お腹が空いてくると摂食中枢が「空腹だ」という信号を発信し、
満腹になると「もう十分」という信号を出します。

しかし、食欲の仕組みは、私たちが思っている以上に複雑にできています。

それは、空腹感や満腹感といった本能の部分で感じる食欲の他に、
味覚や視覚、嗅覚や触覚などの五感に影響されるからです。

よく、飲食店の看板に「安い」「美味しい」などの文字が書かれていたり、
料理の写真が目に入ったり、行列ができていたりすると、
お腹が空いていなくても「食べたい」と感じることがありませんか?

ダイエット中は、なるべく食べ物のことは、
あなたの中から離しておきましょう。

ダイエットが成功するまでは、
食欲を刺激する番組は見ないように心がけましょう。


テレビを見ながら楽々脂肪を燃焼しよう!


nice!(104)  コメント(3) 

ダイエット中にレトルト食品は買わない [気楽なダイエット]

ダイエットに挑戦しているときは、スーパーなどで買い物をする際
できるだけ調理に手間のかかる食材を買うことが大切です。

たとえば、下処理がめんどうなサトイモや
泥つきのゴボウなどの野菜類です。

これらの食材は、どんなにお腹が空いていても、
そのまま食べる人はいないと思います。

これらの野菜を料理するときには、
皮をむいて、切って、煮て、味付けして・・・と
かなり手間をかけなければ食べることができません。

小腹が空いたからといって、そこまで手間ひまかけて食べようという気には
ならないと思いますから、食べることを我慢するようになります。

しかし、レトルトのカレーやカップラーメン、パスタソースなどは、
お湯を注ぐだけ、温めるだけで簡単に食べることができてしまいます。

買い置きしておくとイザというときに便利な食材ですが、
ダイエット中はその便利さが逆効果を生んでしまいます。

インスタント食品は、調理する手間や時間がかからないため、
ちょっとお腹が空いたとき、ついつい食べてしまいやすいからです。

ダイエット中は、野菜や肉などの「素材」だけを買うようにして、
インスタントやレトルトは買わないように心がけましょう。

買い置きしてある場合でも、ダイエット中は絶対食べないという
強い意志も必要です。

 

一家に一台!エアロバイクでスリム生活!


nice!(111)  コメント(4) 

日常生活で下半身をスッキリさせる方法 [気楽なダイエット]

ダイエット中の人やダイエットを始めようと思っている人は、
日常生活の動作を工夫することから始めてみましょう。

たとえば、床に落ちているゴミや散らかっている雑誌などを整理するとき
中腰のまま拾い上げていないでしょうか?

下半身のダイエットを意識しているなら、何かを拾う動作ひとつでも、
一回一回しゃがみこんで行うことが大切です。

なぜなら、その少しの運動が脚の筋肉を刺激して新陳代謝を高め、
足腰を鍛えることに繋がるからです。

また、重い荷物を持ち上げるときは、中途半端な姿勢だと
腰に負担がかかり、痛めてしまう可能性もあります。

重いものを持ち上げるときは、一度しゃがみこんでから中腰になり
腹筋に力を込めて持ち上げるようにしましょう。

このようなしゃがみ運動をするだけで脚や腰の運動になり、
お腹を引き締める効果もあり、ギックリ腰の予防にもなります。

日常生活では、このしゃがみ運動を意識するだけで、
下半身がスッキリしてダイエット効果が期待できます。

すぐに目に見える効果はあらわれませんが、
毎日注意を払って続けていくことで、効果を実感する日がやってきます。

日常生活での工夫がダイエットにはいちばんの運動です。

 

本格的に脂肪を燃焼させるにはこの運動です。


nice!(102)  コメント(2) 

ダイエット中のエビフライはこんな方法でカロリーカット [気楽なダイエット]

ダイエット中のエビフライは高カロリーとなるので、
敬遠されやすい食品です。

それは、エビを油で揚げたうえ、タルタルソースを
たっぷりつけて食べるので、脂分の取り過ぎになるからです。

どうしてもエビフライを、タルタルソースをつけて食べたいという人に
油で揚げないカロリーカットのエビフライの作り方をご紹介します。

まず、コーンフレークをどんぶりに入れ、
細かく砕いておきます。

次に、牛乳と小麦粉を混ぜ、塩とコショウで下味をつけ、
エビを入れて十分に衣をからませます。

取りだしたエビにコーンフレークをまぶします。
耐熱皿にクッキングシートを敷いて、エビを並べます。

電子レンジで2~3分加熱すれば、ノンカロリーエビフライの完成です。

油を一切使用しないため、タルタルソースをたっぷりつけても、
カロリーオーバーにはならないので安心して食べられます。

鍋や油を使わないので、料理の手間や洗い物などがなく、
大幅な時間のカットにもつながります。

カロリーカットのエビフライは、美味しく食べることができるので、
一度試してみてください。

ダイエット中の人や脂分を控えている人には、
強い味方になってくれますよ。


雨の日は家の中でこの運動で脂肪燃焼!


nice!(112)  コメント(7) 

ダイエット中のファミレスの利用方法 [気楽なダイエット]

ダイエット中はできるだけ外食を避けたほうがよいのですが、
つき合いなどもあって断ってばかりはいられません。

そんなときは、カロリーを取り過ぎないように、
メニューの選び方を工夫しましょう。

たとえば、ファミレスでは、一品料理を注文するより、
栄養バランスを考えて定食メニューを注文しましょう。

ただし、洋食セットは注意が必要です。
洋食セットの中には、カロリーが軽く1000を超えてしまうものがあるからです。

今、ファミレスでも力を入れている和定食がオススメです。

キノコ雑炊やおかゆ、マグロ丼や焼き魚定食などは、
低カロリーでダイエット中でも安心して食べることができます。

また、こってりしたものが食べたくなったときは、
グラタンやシチュー、ドリアなどを注文してみましょう。

一見カロリーが高そうに見えますが、約500~600kcalと
意外に低カロリーな食品なのです。

また、これらの食品は、もともとこってりした味わいにできているので、
これだけで十分に満足感を味わうことができます。

ダイエット中でもファミレスを上手に利用して、
楽しいひと時を過ごしましょう。

ファミレスで食事をした後はこの運動で汗を流しましょう。


nice!(83)  コメント(3) 

ストレスを溜めない上手な睡眠の取り方 [気楽なダイエット]

疲れたカラダでダラダラと生活していても、
ダイエットはうまくいきません。

夜は、十分な睡眠を取ることで、カラダを休ませて
常に活気に満ちた朝が迎えられるようにしたいものです。

いくらたっぷり睡眠時間を取っても、寝つきが悪かったり、
浅い眠りでは何度も起きてしまい、疲れはうまく取れません。

寝つきが悪かったり、夜中に何度も目が覚めてしまう人は、
今使っている寝具や枕に原因があるかもしれません。

個人差はありますが、安眠できる枕の高さは、
男性で平均4㎝、女性で3㎝といわれています。

最近では、備長炭を練り込んだ綿を使用した枕や
磁石が入っていて、寝ているあいだに首や肩の凝りをほぐして
くれるものもあります。

自分にあった枕に変えて、疲れを取るようにしましょう。

また、布団は天気の良い日はこまめに干すようにしましょう。
湿気の多い布団は、知らず知らずのうちに、
寝ながらにしてストレスを溜め込んでしまいます。

忙しい現代人は、睡眠不足になりがちです。
睡眠時間を1時間でも多くとるように心がけましょう。

それだけでも、普段溜まっている疲れを解消することができます。


nice!(79)  コメント(3) 
スポンサーリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます